2015年01月09日

フランスの新聞社 Charlie Hebdo の襲撃事件について。偉大なマホメット。フランス人の出す本気の凄味について。



今年の17日にフランスの新聞社 Charlie Hebdo 3人の男に襲撃されて、メインスタッフを含む12人が死亡するという事件があった。犯人はイスラム系と推測されているという。


Wikipedia ソースなんだが、この新聞社、いろいろと物議をかもすような記事(というかイラスト)を出して、何度も裁判沙汰になっているらしい。特に問題となっているのが、イスラム教の開祖マホメットを描いたイラストを使ったジョークである。


これが原因で、2011年にも襲撃されているんだが、今度はメインイラストレーター3人が殺害されて、新聞社の存続すら危ぶまれているという。


いくつかマホメットを描いたジョークを見てみたが、何がおもしろいのか、私には全く分からない。どこが笑いどころなのかも、本当に不明。成程、共有する文化が違えば、冗談が通じないという実例を見る思いだ。


世界史上、英雄や偉人や聖人は、何人もいるんだろうが、その中であえて順位を決めるとなれば、

私はマホメットが第一位であると思う。


イエス・キリストは気の毒な方法で処刑されて、生涯を終えた。


孔子様は、「わしは公務員になるんじゃ」と生涯かけて中国全土を旅したが、結局、一時期しか公務員になれなかった、かわいそうなお爺さんだ。(彼の教えが、その後の中国の公務員試験の必須科目になったのは皮肉だ)。


ユリウス・カエサルは部下に惨殺されてしまった。


チンギス・ハーンは多くの軍事的栄光に輝いたが、彼の帝国はその後、ほぼ痕跡を残さずに消滅してしまった。


徳川家康に至っては「戦場から逃げ帰る時に、うんこを漏らした」とか「ふんどしの使い過ぎで黄ばんで汚いとか文句を言うな。はじめから黄色いふんどしを使え、と言った」とかいうエピソードが伝えられている始末だ。


つまり、どの人も、欠点やら汚点があって最後の最後に惨めなことになったり、微妙な展開になったりするんだけど、マホメットは違う。彼は、その生涯を政治的、軍事的、宗教的勝利をおさめて終え、死後は数億人の民から預言者として尊敬され続けている。彼に匹敵する人物は、おそらく一人もいないだろうし、これからも出てこないだろう。私がマホメットの同時代人だったら、間違いなく、本当に神の使徒だと思っただろう。


・・・・という人がマホメットなのだ。読めば読むほど、その巨大さに驚く。


「本当に、こんなチートな人物がいたの?」


という感じだ。つまりは、イスラム教徒でない私から見ても、とてもとても、冗談のネタにはなりそうにない、とてつもなく巨大な人物なのだ。独断と偏見で言うが、おそらくマホメットの冗談イラストを描いた人は「イスラム教の開祖」以上の知識は無いだろうと思う。


で、別の話題。


昔、大学でフランス語を学んでいた。その時の副読本を、講義で読んでいた時に、フランス人の持つ信念、情念の強さに驚いた。

そして、今回の件でも、言論の自由を守る為には、テロには屈しないぞ!という固い決意を書いた記事を読んで感動した。Le Figaro という新聞社の


Quel avenir pour Charlie Hebdo? Les dessinateurs répondent.


という記事。以下引用。


dans ce genre d'évènement, le plus dangereux, le plus insidieux, c'est l'autocensure. Il ne faut pas se dire, “je ne veux pas faire ce dessin-là, parce que…”

(こういう状況では、最も危険で、最も汚いのは、自主規制だ。「こんな絵は欲しくない、なぜなら・・・」なんて言うな。)


ne pas céder à la peur, ne pas reculer, ne pas s'écraser. Se bagarrer pas à pas contre la bêtise et contre la violence. Continuer à faire notre métier.

(恐怖に屈してはいけない。ひるんではいけない。つぶれてはいけない。愚かさと暴力と戦わなければならない。(ジャーナリストとしての)仕事を続けなければならない。)


熱い・・・。

武装した男に銃を向けられたイラストレーターが


arrete tu vas me faire rater mon dessin.

(やめてくれ。デッサン狂うだろ)


とか言っている漫画も熱い。


熱い。熱すぎる。フランスでは、ジャーナリズムはこんなに熱いのか。殺される危険があっても、言論の自由のために戦って見せる。逃げたりしない!俺は、ジャーナリストだ!言論の自由のためには命だって張る!


とっくの昔に捏造がバレている案件で、世間の反応が怖くて怖くて、ビビりにビビって、十数年も謝罪を拒否しつづけてきたという、我が国のチキン新聞社のチキン記者どもに、この態度をみせつけてやってください。ええ。

ついでに言うと、戦時中は、自主的に戦争をあおりまくったくせに、敗戦後には『ボクちん達は、軍部に脅されていたんでしゅ』とか情けない言い訳(ウソ)をして、戦後は、(もう軍部はいなくなって安全なので)ボロクソに戦前の軍部批判をした  あ  の  新聞社です。ええ。


マホメットのイラストはともかく、この記事には素直に感動した。


ちなみに、 Charlie Hebdoの 前身は、hara-kiri(切腹)というのだそうだ。確かに、亡くなられたCharlie Hebdo の記者、イラストレーターは侍だったと言っていいのかもしれない。ジャーナリストの真の生き様を、世界にみせつけてくれた。ご冥福をお祈りします。







posted by ペンギン太郎 at 21:41| Comment(0) | フランス語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月06日

イスラエルの会社が心電図Tシャツを開発した。その発想はなかった。



という話。


心臓病の中に急性心筋梗塞というおそろしい病気がある。だが、無治療だと死んでしまうかもしれないが、早期に治療できれば助かる。時間との勝負なわけで、発症から診断、治療までの時間が長ければ長い程、死亡する可能性が高くなる。短ければ短い程、心臓のダメージが少ない状態で助かる。


急性心筋梗塞は、特徴的な心電図を示すので、発症が疑われた段階で、いかに早く心電図をとるかが勝負になる。で、救急隊が心電図をとって、病院に心電図データをネットを通じて送る、といった試みを聞いたことがある。


しかし、世の中には、さらに上に行く発想をする人々がいるものだ。


ロイターニュースのサイトで、

心電図Tシャツの動画 ECG shirt warns wearer of heart problems via smartphoneがあった。


イスラエルのHealthWatch www.personal-healthwatch.com という会社が開発したという。この動画だと、このTシャツ、心電図や血圧、心拍数のデータをスマートフォンに送ることができる。異常があれば、スマートフォンから循環器科医に心電図データが送信され、心臓病に対しての治療までの時間が大幅に短縮できるというのだ。今年の春から商品化されるという。

例えば、このTシャツから得た心電図データや血圧データが、クラウドデータに送信され、常時解析される、というシステムが構築されれば、急性心筋梗塞は、発症の瞬間にほぼ診断が可能になるわけだ。そして、発症した人の携帯電話からのGPSで位置情報を確認し、急性心筋梗塞の治療が可能な近隣の医療機関を検索して選び出す、というシステムと組み合わされれば、発症から治療までのタイムロスはおそろしく減るに違いない。


気になるのが「このTシャツ、洗えるのだろうか」ということだが、洗えるらしい。


The Times of Israel という新聞の記事 

Israeli EVG T-shirt monitors hearts, saves lives.


という記事によれば洗えるwashable と書いてある。あと、どれだけ長持ちするのかも気になるが(5回洗ったらダメになる、じゃあ高すぎるな)、それは書いてなかった。


このTシャツ、急性心筋梗塞といった虚血性心疾患だけでなく、不整脈のモニタにも応用可能である。

不整脈の診断でストレスなのが、その不整脈が本当にあったのかどうか、という証拠である。24時間心電図というのがあるが、つけている24時間以内に不整脈が出なかったら陰性になってしまう。なら、もっと長い期間つけていれば?となるが、日常生活を送る上で、この24時間心電図は不便なのだ。少なくとも1週間つけっぱなしというのは無理だ。

また、植え込み型心電図というのがある。ちっこい電極を皮膚を切開して植えこむのだ。これで24時間、365日モニタできるのだが、なんといっても皮膚を切開して機械を植え込むという手術をするのでハードルが高くなってしまう。

しかも、この2つの心電図の欠点は、病院でとる12誘導心電図と違って、どちらも簡易型で、特定の波形だけしかモニタできない。


これが心電図Tシャツだったら?となる。風呂かプールに入る以外の大半は、我々はずっと服を着ているわけでその間に心電図でモニタできれば、かなり長い時間の心電図データを得ることができる。やることと言えばTシャツを着ているだけだから、ストレスも無い。それで、まれにしかおこらない不整脈でも検出することができる。しかも、このTシャツ、病院でとるのと同じ12誘導の心電図をモニタできるのだ。


この心電図Tシャツはgame changer となる可能性があると思う。


posted by ペンギン太郎 at 20:23| Comment(0) | 予防医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月05日

Dog-food taster:ドッグフードの味見をする職業がある。それなりに高給取り。



という話。


ガーディアン誌に


The worst job in the world?


という記事があった。その中に、Dog-Food tester というのがあった。仕事内容はドッグフードの香りを嗅ぎ、味見をすることである。しかし、記事の中には、ドッグフードをお皿にあけてにこやかに微笑んでいらっしゃる紳士の写真があるんだが、「世界最悪の職業?」なんて題名の記事になってることをこの人は知っているのかどうか・・・。



InsideJobs というサイトでも検索してみたが、確かにPet food taster という職業はあるらしい。上のに追加すると、


Most days, they’re writing reports and thinking up new ideas on how to put a nutritional spin on a new line of food.



とある。要は、ペットフードの味見だけじゃなくて、栄養とか製品開発とかのアイデアを考える職業らしい。


給料は、ガーディアンの記事だと、スタートが年収2万ポンドで、5万ポンドはすぐもらえるようになるという。日本円だと、初任給が400万弱で、経験つめば900万円程度か。InsideJobs というサイトはアメリカのデータだが、年収34千ドル – 117千ドルとある。だいたい、日本円400万弱スタートの、経験つめば1200万程度だろう。それなりに高給。


素朴な疑問として、ドッグ―フードは美味しいのかと言えば、多分おいしくない。ガーディアン誌にはドッグフードの中には「ちょっとすごいものがある。食べません。においだけです。」とあるし、InsideJobs だと、「飲み込まないで吐き出している」とかある。


ガーディアンの記事の最初には


If you’re dreading the return to work after the holidays, remember it could be worse.


とかあるんだけど、記事のドッグフードテスターの紳士がかわいそうだ。「ペットが健康になるのを助けるのはやりがいがあることだ」と言ってるわけだし、なんといってもこの、ドッグフードを前にしての、にこやかな満点の笑顔。


自分は仕事に関して、こんな表情で答えるのは無理だ。


posted by ペンギン太郎 at 20:53| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。