2014年12月30日

アメリカ軍の悲劇について。チキンホークの国について。自分が死なない限りは、大胆にも勇敢にもなれるし、強硬な意見も言える。



という話。


The Tragedy of the American Military.


というThe Atlantic の記事を読んだ。A4で印刷したら39ページもあったぜ。


大まかな内容。

13年もイラクとアフガニスタンで戦争を継続しているアメリカ。現在、


@軍隊と一般国民の間にかなりの溝ができてしまっており、軍隊自体が一般のアメリカ人にとってある種の外国、ないしは別の種族の世界になってしまっている。一般のアメリカ人は、ただ軍隊や軍人を英雄として賞賛はするが、軍隊の中のことを知ろうとはしない。


Aかつてのベトナム戦争時には、軍隊内外から多くの欠陥の指摘、批判があり、その後に改善や見直しがなされた。今回のイラク、アフガニスタンではこれだけ長期化し、望ましい結果も出ていないのに、問題提起もなされなければ、改善もなく、見直しもない。


B軍事予算についても改善も見直しもない。高価でメンテナンスが大変な兵器がつくられ、今後の軍事介入にどれだけ役にたつのかも分からない(実際に役に立ってない)。そして、軍事予算の配分が政治的経済的な問題になってしまっており、削減することが難しい状況になってしまっている。


C一般国民は、隔離された軍隊を賛美して、戦争にゴーサインをだすだけ。軍隊や政治家は予算や武器、戦略、戦術の見直しをしない。長期化する中東の戦争で、結果がでていないのに、アメリカ軍は世界一の無敵なんだ、という病的心理にはまりこんでいる始末。さあ、どうするの?


この記事には、やたらとChickenhawk(チキンホーク) っていうワードが出てくる。久しぶりにみたような。安全なところにいながら、戦争だ戦争だー、とかいう強硬派のことだ。人間にとって、最も下劣な行為は、安全なところにいながら、他者を戦場に駆り立てることだ、っていうのは「銀河英雄伝説」のヤン・ウェンリー提督の言葉だったっけ。著者は、現在のアメリカの軍隊をめぐる状況を、全部チキンホークでまとめている。


軍隊が一般国民から隔離され、一般国民はチキンホーク化して戦争賛美と軍隊賛美。そして政治家も国民も、反省も自己批判もなく、失敗と敗北を繰り返しては、俺たちは世界一強いんだ、と自己満足の世界。

これだけ読むと、アメリカの未来は限りなく暗い。


で、チキンホークの国アメリカでは、


If more members of Congress or the business and media elite had had children in uniform, the United States would probably not have gone to war in Iraq.

(もし、もっと多くの議員、財界、メディアのエリートの子どもが軍隊にいたならば、アメリカはイラクへの戦争へと向かうこともなかっただろう。)


だと。なんともひどい話ではないか。これが正しいんだとすると、イラク戦争の原因は、究極的に言えばアメリカの国内問題ということになる。イラクはたまたま、ターゲットになっただけ。そういうことにならないだろうか。アメリカが最初から、イラクを成敗する理由があるんだとしたらば、有力者の子弟が軍隊にいるかいないかなんて関係ないはずじゃないか。

アメリカは自分にとってelusive な国だ、とはどこかで書いた気がするが、このへんがどうしても分からないのだ。


ちなみに、アメリカで徴兵制復活を主張しているグループの根拠が、上に書いた中に含まれている。志願制だと、特定の社会階層(具体的には低所得者層の子ども)にのみ兵役の負担がいくことになる。金持ちや一般家庭の人々が戦争に賛成するせいで、軍隊に行く他に選択肢のない貧困家庭の子どもが、次々に戦場で若い命を落とす。不公平だろ!!チキンホークも金持ちも、戦場に行け!!アメリカの戦争なら、アメリカ人のお前らも戦え!!


ということ。


毎回まとまらないが、個人的な意見。

いくつかは、我が国がすでに通った道のような。日中戦争とか、まさにこんな展開じゃなかったっけ。軍隊賛美に、戦争賛美に、成果のない泥沼の戦争には無批判で無反省。

その後に決定的な敗北がやってきて、猛烈な軍隊批判、軍隊嫌いの時代が来るわけだ。この道をアメリカが通るのかは分からないが、どうなるんだろう。


で、別の話。

今後、日本も憲法改正して戦争が出来る国にするならば、徴兵制も復活させるべきである。理由は、上に書いたことが全てだ。戦争の現実も知らず、リアリティも感じず、負担も知らないチキンホーク国民が、職業軍人だけ戦場に送り出す。つまり、自分の命は大事な臆病者が、他人の生死を無責任に決めるということだ。これは、国家的統合と共同体に対する、致命的な誤謬だと自分は考える。この誤謬を正すためには、国家が、(あくまで戦争をするんだとしたらばの話だが、)強制的に国民を戦場に送り出して戦争がなんたるかを、生死が関わる問題がなんたるか、を教えるべきだ。国家の責務である。というより、これは自分独自の意見ではない。ルソーが「社会契約論」で言っていることだ(ちなみにルソーの故国のスイスは、徴兵制が今でも存続)。


最期に。私は憲法改正には反対である。ただでさえ、同盟国アメリカの言う事は黙って聞くしかない現状、日本が憲法改正したらば、中東の戦争に巻き込まれて1020年、何の利益になるのか分からないのに戦い続ける羽目になる可能性が高い。そして、チキンホーク日本のチキンホーク日本国民が、自分は死なないから、という理由で職業軍人をどんどん外国に送り出す。なんの得になるのか分からない戦争をいつまでもいつまでも、莫大な金をかけて続けて、低所得層の若者が無意味に戦場で死ぬ。そういう最低のシナリオしか思い浮かばない。


この事態を避けたいか、より公平な方向にするには、憲法改正をするならば、徴兵制復活を掲げるのは最良の選択肢と考える。というか、ネットや書籍での保守派の言説を見る限り、憲法改正を訴える個人や集団が、徴兵制になると途端に反対に回るのは自分にとっては非常に不快な現象だ。徴兵制反対は、チキンホークの証明みたいなもんだ。死ぬのが自分じゃない限り、勇ましい意見や強硬な事なら、いっくらでも言えるよな。






posted by ペンギン太郎 at 15:07| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月16日

英語を学ぶメリットとは何だろう。美女と野獣の原作の野獣は、草食系だった。世界を崩壊の危機から救う最強騎士団について。




という話。

ここから先は、現在、クールな国際派で、グローバルなレベルで活躍するハイソサエティなトップエリートには縁のない話である。何しろ、書いている人間、つまり私はクールでもなければ国際派でもない、日本の田舎に住んでる野暮ったい非エリートだ。そういう人間が英語を学んでいいことがあるのかと言えば・・・という話である。



いや、もう上の話で、言いたい事の半分は言った気がするな。英語の教材やらスクールやらの広告みてるとつくづくそう思うんだぜ。だいたい、さわやかなエリートっぽい日本人が、白人とにこやかな会話をしている写真ばっかりじゃないか。一体何の話をしてるんだコノヤロー。



まあいい。本題。



「美女と野獣」というディズニー映画があるが、原作が読みたかったら英語(Beauty and the Beast)Project Gutenberg というサイトで検索したら出てきた。もともとフランス語で書かれたものなんだが、英訳でもある。読んでみたが、新たな発見があったのだ。



草食系男子って昔からいたのか!!!



さて、「美女と野獣」の原作の大雑把な内容。

金持ちの商人がいたが、商売に失敗して破産した。なんとかもとの財産の一部を取り返せるんじゃないかという話があったので、出かけてみたのだが、それにも失敗した。

で、その商人、帰り道に吹雪と空腹に襲われもうだめだ、死ぬ、となった。ところが、突然、壮大な宮殿が現れた。招かれざる客だが、入っていくと温かい部屋に豪華な食事、やわらかなベッド。ああ助かった。しかし、奇妙なことに宮殿の中には誰もいないのだ。

これは妖精さんの宮殿だろう。妖精さん、ありがとう。と商人は思った。



で、一晩しのいで命拾いした商人は出かける前にした末娘との約束を思い出す。そうだ、バラの花が欲しいと言ってたっけ。庭にはきれいなバラが咲いていた。あれを一本もらって行こうか。そのバラをつんだ商人、ふと気が付くとそこに恐ろしい怪物がいた。



「ボクの大事なバラになんてことするんだよう。助けてやったのにー。この恩知らずー!」

「ひいい・・も・・申し訳ありません・・・閣下!」

「ボクの名前は『閣下』じゃありません。ボクは『野獣』っていうの。君みたいなやつは死ねばいいんだー!死になさーい!」

「命だけは・・・私には家族がいるんだー!お願いです!」

「え、家族いるのー?」



で、野獣は商人に娘がいると聞くと、その娘がこの宮殿に来るなら命を助けてやる、と言う。で、その末娘がやってくるわけですよ。この末娘、家事も料理もうまく、控えめで性格も良く、そして超可愛いというまさに完璧美少女なのである。



野獣はこの美少女と、一つ屋根の下で暮らすわけだ。どきどき。

しかし、この野獣、指一本ださない。ひたすらこの女の子にあらゆる贅沢をさせるだけで、夕食の時に少しだけ会話をするというジェントルマンシップを発揮する。だが、会話の終わりに必ずこう言う。

「ねえボクと結婚してよう」

しかし・・・・。



「イヤです」

きっぱり拒否だった!! そして野獣は、

「ウワーン・・・!!ワァァーン(涙)」



このへんから、自分なんかはもう、完全に野獣ちゃんに感情移入してしまうわけですよ。ええ。訳すんだったら、野獣ちゃんの一人称は絶対に「ボク」でないとおかしい。ここは譲れないんだぜ。 



で、この女の子は、里帰りしたいと言いだした。

「キミが戻ってこなかったら、ボク、死んじゃうよう。」

「必ず戻ってくるわ」

「そう・・?じゃあ、これ、渡すね。」



野獣ちゃんは、女の子に、すぐに城にもどってこれる魔法の指輪を渡す。

さて、女の子が実家に帰ると、二人の姉はすでに結婚していた。しかし、この二人の夫は、二人ともダメ男なんである。一人はイケメンだけど、自分大好きのナルシストで嫁のことはほったらかしの嫌な奴。もう一人は、インテリだけど自分以外はバカって態度で周囲の空気を悪くする嫌な奴。



この二人のダメ男を見て、女の子は「あ、野獣(草食系)との結婚も悪くないわー」と思っちゃうのよ。ええ。私は男だから分からないけど、女の人ってこういう瞬間あるのかしら。他のダメ男を見たのが、結婚のきっかけ、みたいな。



で、この不幸な姉二人は、女の子が贅沢なお姫様みたいな生活をしているのにメラメラギラギラと嫉妬の炎を燃やしてしまう。そして、いろいろと実家に引き止めて野獣の宮殿に帰さない。が、とうとう女の子は、実家を去ることを決意して、魔法の指輪で宮殿に帰るのだ。



なんとそこには、本当に(笑)、死にかけている野獣ちゃんがいた!

「ボク・・・もうダメだ・・・。キミが帰ってこないと思って、ご飯食べるのやめて飢えて死ぬことにしたの・・。ボク・・死ぬ前にキミに会えて・・・よかった・・・。しあわせ・・。」

「だめよ!!死んじゃだめ!!私と結婚するんでしょ!!」

ネタバレになるけど、この一言で、野獣ちゃんは呪いが解けて王子様に戻れるわけである(完)。



というわけだ。原作の野獣ってこんなに繊細な草食系だったのか。ウィキペディアによると、このボーモン夫人の原作は1756年出版とある。250年前から草食系男子っていたんじゃん。しかし、ここで間に合わなくて野獣ちゃんが死んでしまったら、本当に草食系男子の物語として完結してるよな。


Crane_beauty5.jpg

ここで死んでいたら、野獣は草食系男子の生き様を全うしていた。



他の例。エドワード黒太子のルビーっていうのを最近調べている。全くの趣味で。

エドワード黒太子は、14世紀の英仏百年戦争の英雄だ。彼が創設者のひとりとなった「ガーター騎士団」っていう騎士団がある。アーサー王の円卓騎士団の伝説を継ぐべく、この騎士団は創設されたんだが、なんと現代まで続いているという。英語で検索して調べていたら、何やら東洋人の写真が・・・。なんだろうこれは・・・と思ったが・・・・大正天皇だった・・・・。


Emperor_Taisho_the_Order_of_the_Garter.jpg


大正天皇。ガーター騎士団の騎士の一人。かっこ良すぎる。



明治帝から数えて4代、天皇陛下は英国騎士団の騎士だった!!



ということが分かった。ちなみに、騎士団長はエリザベス女王陛下である。

これが、英語のリソース力か。すごいものである。



きっと、この騎士団の騎士たちは、世界の崩壊を防ぐために神秘的な力を使い、力を合わせて闇の勢力と戦っているに違いない。天皇陛下はきっと回復系の魔法使いか、頭脳を駆使する参謀役である。アーサー王の力を継ぐ最強騎士のエリザベス女王陛下は、だいたい闇勢力との戦いに遅れる。そして他の騎士達が、苦戦してピンチの時に、やってくるのであろう(全くの想像です。何の根拠もありません)。



まとまらないけど、これらが、自分にとっては英語を勉強してよかったなあ、と思ったことである。素晴らしい古典が無料で読めるし、日本語だけでは手に入らない知識も手に入る。それだけで十分。ビジネスとかグローバル化とか国際化がどうのこうので、必要だから英語の勉強せよと圧力がかかる環境にいないことには本当に感謝しよう。実用的でも必然的でもないことを学ぶことが、本当に楽しく面白いわけであって・・・。



posted by ペンギン太郎 at 20:00| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月20日

pick-up artist のJulien Blanc 氏のその後について。謝罪。「あれはギャグでした」



という話。


以下、BBCThe Independent とその他のメディアの記事の大まかな内容。


以前に取り上げた記事のその後なんですけど、ナンパアーティストのJulien Blanc 氏は、オーストラリアに続き、ブラジルとイギリスで入国拒否になった模様。

Julien Blanc氏は、高額なセミナー料をとって、世界中の男性に正しいナンパのやり方を指導していた人だったのだが、女性への暴力と思われる画像や、人種差別的な言動を示すビデオがインターネットで出回り、彼の国外退去や入国拒否を求める反対運動が勃発。この流れになったというのがこれまでの顛末。現在、日本とカナダで入国拒否を求める運動が展開中。


あと、CNNのインタビューで謝罪した模様。問題の画像(女性の首をしめる画像)は、ギャグだった(horrible attempt at humor)とのこと。


horrible attempt at humor ってどういう意味か、正確には分からなかったが、「ギャグだった」ってことで良いのだろうと思う。しかし、なにか責められるようなことをした後に「あれはギャグだった」って言うのは、もしかしたら世界共通なのか・・・。もちろん、これが本当にギャグのつもりなら、全然、面白くないが。



概ね、向こうのメディアは全力の袋叩きである。ヘッドラインに「世界一の嫌われ男(the most hated man in the world)」とかあるし、記事によっては、キモい(creepy)とかの言いたい放題。

ほとんど、自業自得としか言いようがない状況だが、さすがにやりすぎだ、と自分は思う。


少なくとも、現実に女性に暴力をふるって大怪我をさせたり殺してしまったりする最低のならず者だって世界中にいるわけだから、そいつらと比べたらJulien Blanc氏は、はるかにましな男だろう(彼に世界一の座を与えるのは気前が良すぎる)。


比較の対象が、そういう犯罪者しかいないのが悲しいところだが、大きな犯罪を犯したわけでもない、ただの奇人への反応としてはヒートアップしすぎな気が自分はする。


日本への入国拒否には賛成するけど。


posted by ペンギン太郎 at 21:40| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。