2015年03月07日

川崎市の少年犯罪について。未成年を狙う犯罪加害者は、未成年だった。アメリカでは、終身刑となった未成年殺人者は、更生プログラムに参加させない!



という話。


川崎市で痛ましい事件が起こった。中学一年の少年が無残に殺された。

色々な意見はあると思う。いろいろ調べてみたものの、なんだか今回はすっきりしないような・・・。


個人的な意見。

加害少年達の更生は、おそらく無理であろう。更生という言葉が持つ曖昧性を排除し、実際にこの社会で、社会人として生きていくことが可能かと言えば、私は無理だと思う。

社会人として生きていくいうことを、労働の対価としてお金を得て、納税して自分で生活していくことだと、さらに具体的に絞れば、まずほとんど不可能に近いと考える。


更生を訴える方々に言いたい。彼ら更生プログラムを受けて社会復帰することを、今後の目標として設定したとしよう。


リスクとコストを、どこかの誰かに丸投げしてませんか?

@あなたが経営者だったらば、彼らを雇いますか?

A彼らが介護の仕事についたとしよう。自分の親を、任せようと思いますか?

B彼らがベビーシッターになったとしよう。自分の子どもを彼らに任せようと思いますか?

C部下になったら、仕事を任せますか?彼らの過失を起こした場合に、責任をとりますか?

D銀行家だったら、お金を貸しますか?

E彼らが独立事業主になった場合に、信用して契約を結びますか?

F責任をもって、どこかに推薦する場合に、あなたは推薦状を書きますか?


私は、これらの質問に全てノーだ。当たり前の話だが、@からFの質問の中のどれかに対して、どこかの誰かがイエスと答えない限り、彼らの社会復帰は無理なのだ。

過去の過失が、少年法という法律で隠ぺいされた状態にあると考えて、もう一度、上の質問を見て頂きたい。年少者を惨殺した加害者に対して、それを知らずに@からFの質問に対してイエスと答えたとしよう。後からそれを知らされたとして、不当なリスクを負わされたと考え、憤りを感じない人は、一体どれだけいるのだろう


人権尊重を訴える人の論点の矛盾はここにある。自分は被害を蒙らない気楽な立場で、どこかの誰かにリスクとコストを押し付ける。所詮は他人事、であればこその理想主義なわけだ。そんな無責任な理想主義をかかげるくらいなら、無理なもんは無理だと言った方が私はましだと考える。自分は安全で守られたところにいながら、他者には危険で実現困難、かつ具体的なメリットも少ない理想主義を圧しつけたスターリンや金日成という人物が過去にいたという教訓を、よくよく考えてみよう。


が、上村さんを惨殺した加害者が社会復帰したとして、@からFまでの質問にイエスと答えられる人がいたらば、本物の理想主義者だ。その志は十分、賞賛に値するだろう。


で、以下は調べたこと。

アメリカでは、未成年でも凶悪犯罪を犯した者は、仮釈放なしの終身刑になるそうだ。


The Lives of Juvenile Lifers:Findings from a National Survey.


という2012年の文書によると、


Most (61.9%) juvenile lifers are not engaged in programming in prison,but this is generally not due to lack of interest, but because of state or prison policies.


とあり、6割以上が厚生プログラムを受けていないそうだ。厳しい話だが、さすがはアメリカ・・・。どうせ出所しないんだから、再犯防止の更生プログラムなんて無駄でしょ!!合理的でしょ!!ということなんだろうか。


Fewer than half (46.6%) of these individuals had been attending school at the time of their offense;


ともある。半数以上が、犯行時の時点で、学校に全く行ってなかったとか。不登校は少年犯罪のリスクということか。確かに親の監督が不十分で、学校からの監視もなければ、どこで何がおこってんのかなんて、本人以外は誰にも分からない。その状態で、不幸な偶然が重なれば、今回みたいな事件が起こるのかもしれない。未成年は学校に行かなきゃだめだ!!


で、国際連合が出してる。World youth report 2003年の文書を読んでみた。Jevenile Delinquency という章。もっと新しい年度のもあったんだが、読み終わってから気が付いたんだぜ。


The results of a number ofstudies indicated that the victims of violent crimes committed by juveniles were mostly other juveniles.(199ページ)

(多くの研究の結果、未成年による暴力犯罪の被害者も、だいたいが未成年であることが示された。)


とある。つまりは、子どもを暴力犯罪から守るためには、他の未成年に注意せよ。ということだ。罪の無い成人を不審者扱いして必死に監視している場合じゃない。未成年を監視しないと(監督のほうが言葉としては良いだろうか)、子どもは守れないのだ。


で、少年犯罪の再犯防止の方法としては何があるのか、と言えば・・・。

In practice, many prevention approaches have proved ineffective.(205 ページ)

(実際、多くの再犯防止のための方策は、意味がないことが証明されている。)

とある。うーむ。


少年犯罪の背景としては、未成年の経済的社会的苦境、都市化、文化的な背景、メディアの影響、社会的な機会からの排除、等がある、とある。犯罪加害者個人のレベルでの努力じゃなく、これらの是正を考えよう、ということが言いたいのだと自分は感じた。


特に、下記は考えさせられた。長いが引用。194ページ。


In both developed and developing countries, consumer standards created by the media are considerably beyond the capacity of most families to achieve.Nevertheless, these ideals become a virtual reality for many young people, some of whom will go to great lengths to maintain a lifestyle they cannot afford. Because not all population groups have access to the necessary resources, including education, professional training, satisfactory employment and income, health services, and adequate housing, there are those who are unable to achieve their goals by legal means. The contradiction between idealized and socially approved goals and the sometimes limited real-life opportunities to achieve them legally creates a sense of frustration in many young people.

(先進国にとっても発展途上国にとっても、メディアがつくりだす消費者の標準的な姿は、殆んどの家族にとって遠く手の届かないものだ。それにも関わらず、これらの理想的な姿は、若い人々にとっては仮想的な現実となる。彼らの中の幾人かは、手の届かないライフスタイルを維持するために労を厭わないだろう。全ての人々にとって必要な教育、職業訓練、満足する雇用と収入、医療、住宅環境を含む必要な資源を手にする方法が開かれているわけではない。合法的な手段でもって、メディアのつくる仮想現実というゴールには達しない人々がいる。理想化されたゴールと社会的に許されたゴールの違い、そして、時としてそのゴールに合法的に達するための機会が現実世界で制限されていることで、多くの若者が、不満に陥るのだ。)


で、犯罪に向かうと。確かに。言われればそんな気もするな。


青春ものはたいてい舞台が進学校である。主人公は、おしゃれな家に住んでいる。両親は甘くうるさいことも言わないのに、なぜか優等生である、友達もいっぱいいる。異性からも人気があって・・・。

でも・・・やっぱり・・満足できない。大好きなあの子とつきあいたい!!


こんな作品をたくさん作りだしているメディアの方々に、未成年犯罪の責任はあった!!

(笑)とか言ったら怒られるのだろうか。


どう考えたって、メディアのつくる青春とかの標準像と、大多数の未成年の生きる現実は大きく乖離してるわけである。それを相対化できればいいけど、自分の過去をふりかえっても、それが結構難しかったりするわけだ。「なんで自分はこんなに恵まれてないんだー!」みたいな。昔は思ってたなあ。


で、自分の中では、こんなくだらねーもん見てストレスためるよりは、見なければいいや、という結論になった。以来、テレビは15年以上、ろくに見ていない。読む本は古典とノンフィクションに限ることにした。


まとまってないが、今回はこれで。

posted by ペンギン太郎 at 18:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月17日

曽野綾子先生のアパルトヘイト擁護発言についてのニュース。アパルトヘイトの起源について。自国の問題は、自国人の力で解決しよう!というのが愛国者なんじゃないの?自国の問題を外国人の手を借りて解決することを提案している人々が、なぜ愛国者なのか自分には分からない。



という話。


曽野綾子先生のアパルトヘイト擁護発言が、海外メディアに載ったとか。ワシントンポスト、ウォールストリートジャーナル、ニューヨークタイムズ、ロイターに出ている。が、扱いは非常に小さい。しかも、どれもこれもほぼ同内容のコピペもどきである。


まあ、日本のニュースなんて、どれもこれも、ちっこい枠でしか載らない。

これが、英語圏における日本のプレゼンスだからしょうがないよ!!


英語圏のメディアでは、猟奇事件とか大災害とか、珍事件でも起こらないかぎり、日本のニュースなんぞ大きな枠に載らないのである。しかし、これが不名誉なことかと言えば、そうでもない。大きな枠で載ってる国は少し前ならエジプト、ウクライナ、今はイスラム国(国じゃないけど)なわけだから。つまり、内乱やら戦争やらで荒廃した国が多く取り上げられるわけで、日本は平和だから扱いも少ないという解釈もできる。


さて本題。

今回の一件、何が地雷だったのか、自分なりに説明しよう。


The Apartheid Museum というサイトにある resources というコーナーの記事。

アパルトヘイトという人種隔離政策がいかにして始まったのか、という説明がある。19世紀後半、南アメリカで金が発見されて以来、金とかダイヤモンドとかの鉱物資源をいかに低コストで採掘するか、ということが問題になった。で、黒人移民を採掘作業に従事させる際に、低コストで働かせ続けるためにとられた諸政策が、後のアパルトヘイトという人種隔離政策の起源となった、という。


つまり、移民推進者の本音と動機の部分で、完全に一致するのですよ。移民を低コストで働かせ続けるという動機(曽野綾子先生、コラムでは労働力の補充と言っている)、それに加えて、移民を特定に地域に住まわせろという主張。これが意味するものは、(しかも政権に近い人間が発言したということは)つまり、過去にあった人種隔離政策と全く同じようなことをやろうという提案にしか・・。


・・・という風にとられてもしょうがないというわけ。これ以上書くのはやめよう。もう十分だ。

アパルトヘイトについてある程度は調べていれば、書いてる途中で、これは地雷だと気付くでしょうに。普通に考えれば。


産経新聞の言い分。


「当該記事は曽野綾子氏の常設コラムで、曽野氏ご本人の意見として掲載しました。コラムについてさまざまなご意見があるのは当然のことと考えております。産経新聞は、一貫してアパルトヘイトはもとより、人種差別などあらゆる差別は許されるものではないとの考えです」


だそうだ。既に消火モードですね。


「俺たちは関係ねえー!関係ねえからなぁー!ひぇー!」


とかいう小物感を漂わせてますね。妙に優等生ぶってるあたりが特に。まるで漫画のようで笑ってしまうぜ。


前に「アメリカは世界の医師を盗んでいる」という記事で、移民政策について書いた。同じことを書くが、日本の社会保障の問題や経済問題、人口減少の問題なんぞ、他国人にはなんの関係もない話である。そして、移民を入れるというのは、他国から労働力と人材を奪いとる行為である。

各国の移民政策というのは、このマイナス面を相殺する理念がある。自由、保護、挑戦、成功、そして普遍的な価値の共有と共同体の創設。


日本の移民推進論者には、理念がない。理想もない。普遍的な価値観がなんだかも考えたこともないだろう。だから、こういう汚い動機を隠さないような主張をしては、顰蹙を買う訳だ。


究極的に言えば、移民政策は、自国の問題を、自国人の力では解決できないから、外国人の手を借りて解決するということだ。

そんなプライドの無いことを提案している人物が、世間では愛国者や保守派とされていること自体、私にとっては大きな驚きだ。どこをどうやったら愛国者、保守派になるのか、本当にわからないのだ。


あと、必要ないかもしらんが、これも言っておく。

グローバリズムというのは、現在の発展途上国にとって非常に有利なルールだ(言うまでもなく、先進国にとってはとても不利なルールだ)。発展途上国の貧困のイメージは一昔前の話。自国にいても若者は頑張れば豊かになれる国が増えている。もっと豊かになるかそれ以上の野心を叶えることを望む若者達は、アメリカか英米圏に行くだろう。

つまり、日本に移民は来ない。来るメリットが無い。

もう時代は変わったんだってばよ!!


曽野綾子先生のコラムを読み直したが、まるで遠ーーい過去に金持ちだった商店の店主が、落ち目でボロボロになったというのに、「うちには遠くから使用人が、わんさか来るぞー、エヘヘエヘヘ」とニタニタしている様子を見る様だ。来ないよ。残念ながら。馬鹿じゃないの。


遠い過去の大国意識なんぞ捨てて、地道に問題解決に取り組むことがこれからは大事なのであって・・・。






posted by ペンギン太郎 at 19:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

ヘリウムガスの危険性について。このガスは、危険なので、絶対に吸ってはいけません!



という話。


アイドルがヘリウムガスを吸って大変に事になったというニュースがあった。声を変えて遊ぶゲームの収録中ということではあったが・・。


個人的な意見。

未成年をテレビに出すこと自体、私は反対である。

理由。近代社会にあってはならない児童労働の形態であるのがひとつ。

あとは、十代という将来に備えるべき貴重な期間を全くの無駄にしてしまうことも問題。美空ひばりみたいに、一生、歌手をやっていけるほどの才能(かつ周囲がその才能を発揮できるように努力している)があるならともかく、今どきの未成年の芸能人は大半が使い捨て。気の毒な話だ。大人になったときに、学業も技術も感受性も社会的なリテラシーも、場合によっては、(普通に学生生活をしていたら得られたであろう)青春の思い出といった物も得ることができず、何の蓄えもなく残りの人生へと漕ぎ出す彼らの悲惨さと行ったら、他に比べるものもないだろう。特に芸能人を続けられないケースは特に。


で、本題。


最初に結論。ヘリウムガスは危険なので吸ってはいけません。

自己責任の文脈で言えば、死んでもいいから声を変えて遊びたい人間だけが、死ぬ覚悟を決めて吸うべきだ。


このアイドルのニュースのいやらしいミスリードだが、大人用のヘリウムガス缶だったのを、担当者が見逃していた、とある。まあ、日本の組織は偉い人は責任とらないからなあ。この、見逃していた個人に全責任を負わせて終わりだろう。


しかし、この見逃していた、というのを、ちゃんとした量のヘリウムを吸っていたら問題なかった、と解釈してはいけない!!


調べた範囲では、ヘリウムガスに安全な量なんて無さそうだ。ヘリウムによる事故は、まれにしかおこらないので、安全な量自体、人体実験でもしない限り誰にも分からない。とすれば、安全管理の面から言えば、ヘリウムガスを吸ったら、運が悪ければ死ぬか今回のような事故がおこる、と解釈すべきである。


参考に最近の事例とデータを示そう。


(1)英国で13歳の少女が、誕生日にもらった風船のヘリウムを吸って死亡。(20101122日 BBC

(2)米国で14歳の少女が、パーティでヘリウムガスを吸って死亡。(Mail Online 2012223日)

(3)英国で23歳の青年が、自殺目的でヘリウムガスを吸って死亡。(The Manchunion 2014210)


これが、ニュースで拾えた事例。たかだか、風船にはいっている程度の量のガスを吸っても運が悪ければ死ぬわけだ。これじゃあ、安全な量なんてわかりっこないよ。


で、英国の統計局の出している、以下のデータ。


文書名は、Deaths Related to Drug Poisoning in England and Wales, 2013

パブリックドメインの扱いと考えて、画像を貼らせてもらおう。





helium_death_uk.png

だいたい、確認されているだけで、二桁くらい死んでいるらしい。しかも上昇傾向。これが意味するものは・・・。


他。

Journal of Forensic Sciencesという学術雑誌の

Recent Trends in Suicides Utilizing Helium (J Forensic Sci. 2011 May;56(3):649-51. )


によれば、20057月から200912月の間に79人のオーストラリア人がヘリウムガスで死んでいるという。自殺目的、ということではあるが。


治療に関してだが、まとまったレビューはなく、手に入るのは症例報告しかなかった。

@Ann Emerg Med 2000 Mar ; 35(3):300-3

27歳の男性がヘリウムガスを吸ってガスによる脳塞栓となった。失明と皮質梗塞があったが、高圧酸素療法とリドカインの投与で改善した。

AAnn Emerge Med 1996 Sep;28(3):363-6

ヘリウムガスを吸って意識障害、全身性痙攣、右半身麻痺となった13歳の少年。高圧酸素療法で劇的に改善。


とある。どうやら、高圧酸素療法という治療法が有効な模様。普通の病院にはこの治療の器材は置いていない。見つけた救急隊員は、この治療ができる病院に送らなければならないわけだ。


再び個人的な意見。

ヘリウムガスは、個人が入手できる範囲内では規制の対象としても構わないと私は考える。

声が変わるなんていうつまらない冗談がみれなくて困る人もいなければ、宙に浮かぶビニールの球が無くて困る人もいない。


そして、このアイドルの1件では、テレビ局の責任は重いと考える。強制ではないと言え、12歳の子どもに児童労働をさせたうえに、既に危険性が報道されている物品(少なくとも海外では)を使って、一生を台無しにする事故がおこった。

さて、どんな弁解が成り立つだろうか。くどいが、ヘリウム吸入に安全な量は確認されていない。ヘリウムを使うこと自体を決めた人間に責任がある。


なんとも後味の悪い気の毒な話だ。

posted by ペンギン太郎 at 16:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。