2016年07月10日

テッド・クルズ君の伝説。



なんでこの人が大統領選挙に出られたのか、支持を集めたのかがまるで自分には分からない。私の基準では、この人は、汚い反則技ばかり使う男らしくない男だ。ヒーロー要素は皆無である。支持者だった方々は、一体、何を考えてたんだろうね。


まあまず前述のThe Atlantic How American Politics Went Insane.というエッセイによると、テッド・クルズ君は、所属政党の共和党指導者に反抗することで知名度を上げ、大統領選への切符を手に入れた。

“The rhetoric−and confrontational stance−are classic Cruz,” wrote Burgess Everett in Politico last October: “Stake out a position to the right of where his leaders will end up, criticize them for ignoring him and conservative grass-roots voters, then use the ensuing internecine fight to stoke his presidential bid.” No wonder his colleagues detest him.

「レトリックと対決姿勢が典型的なクルズ」昨年の秋にPolitico(という雑誌)にBurgess Everett は書いた。

「共和党内の指導者が届かない右派の位置に自分を置く。指導者を自分と草の根保守の有権者を無視していると批判する。そしてそれに続く内輪もめを使って、大統領選挙への名乗りの材料にする。」

同僚達が彼を嫌うのも無理はない。


これをどう思うのかは感性の違いだろうが、自分の中ではとても卑怯な行為だ。

まず、弱点を知っている仲間をブッ飛ばすのが、反則の一。政党指導者という組織運営上、中立的立場が要求される。その職務上の良心みたいなものを弱点と見なして攻撃するのは、どう考えても卑怯者のすることだ。


そしてその対決姿勢とやらも一対一の勝負じゃない。これが反則の二。

「キャー!ウチの指導者は、こんなにイケナイ奴なのよー!!」と世間に触れ回って助けと応援を求める。その応援をバックに戦いに勝とうとしているわけである。なんじゃそりゃ。男だったら一対一で内部だけで勝負せんかい。外部に不特定多数の助っ人を求めてどうするんだよ。女々しい奴め。


反則の三。テッド・クルズ君はトランプ先生の奥様が元モデルだと言って中傷した。奥様のモデル時代の  な写真を公開。「これが大統領夫人でいいんですか?」

これはダメだろう。女を攻撃する男はどこの世界でもサイテーだ

現実世界だけではありません!ライトノベルの世界少年漫画の世界でもそうなのですよ!!


真面目な佐藤優先生は「テッド・クルズは危険な冒険主義者だ」とか書いてたけど本当かしら。こんな卑劣卑怯で女々しい奴に、一体何の冒険ができるんだい。


テッド・クルズ君は、家族名の「ル」をとれば、ふさわしい名前になると思うよ。あと、この人が大統領になったら日本はきっとろくな目にはあってないね。

トランプ先生、この人を大統領選から葬り去ってくれて、本当にどうもありがとう。

posted by ペンギン太郎 at 07:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月02日

わが国のチキンホーク保守派(笑)の国防議論、外交議論のまとめ



という話。


前回、チキンホークと徴兵制について書いた。

国防議論は、外来は不毛な物だと考えている。なぜか。民主主義国家にいたとて、国民である我々には十分な情報が与えられていないからだ。どこの国でも軍事情報は国家の最高機密である。不十分な情報をもとに議論をすれば、妥当性を欠く結論になるのは当然の話だ。


が、今現在、おこっている事象から、ある程度の方向を帰納的に推論することは可能である。その推論から、正しいか正しくないか、の判断は無理だとしても、明らかに間違っているか間違っていないか、の判断は可能だ。私の書いた安倍首相批判と徴兵制議論は、それ以上でもそれ以下でもない事は断っておく。


で、本題。

チキンホーク保守者(笑)が、いかに歪んだ馬鹿馬鹿しい主張をしているか、点検していこうというのが、今回の記事だ。


アメリカはわが国の軍事同盟国である。冷戦終結後は、唯一の軍事超大国だ。

日本は国内に米軍基地を有する。日米安全保障条約という条約がある。そして、日本国の中の米軍基地の7割が沖縄にある。


@さて、日本は、アメリカに駐留を続けてほしいのか。ほしくないのか。アメリカに軍事面で依存したいのか。したくないのか。

ここで議論がわかれる。自国軍による国防と米軍依存の国防。どっちがいいの?あるいはどっちが現実的なの?


過去を見る限り、軍事面ではアメリカは日本を一度も裏切ってない。私の知る限り、アメリカが同盟国を裏切ったことも無い。現時点では、アメリカは信用できると考えるし、米国依存の国防の継続も非現実的とは思わない。軍事的フリーライダー(ただ乗り)の問題はある。このただ乗りの部分は、為政者はよくよく国民に説明する義務がある、


が、アメリカが敵対国、例えば北朝鮮などに対して日本国土を危険にさらしてまで妥協的な態度を撮り続けるなら、この限りではない。安保条約は破棄して、自主防衛に切り換えなければならない。巨額の軍事負担の財源維持のためには、消費税は50パーセントくらいになるだろうし、年金も社会保障も消滅するかもしれないけど、それは仕方がないことだ、と自分ならあきらめる。

プライドの面から言えば、自分は自主防衛派だが、財政的にあるいは社会的コンセンサスの問題からすれば、とても現実的な話ではない。国家財政赤字は天文学的数字だし、過去の歴史で、軍隊のシビリアンコントロールに失敗し、軍隊が暴走したトラウマはそう簡単には消えない。実現には、相当長い時間がかかるだろうが、自主防衛への切り替えはやる価値があると考える。ただ、とても難しい。


Aこのアメリカとの同盟の問題は、具体的には沖縄の問題である。沖縄の米軍基地をどうするか。地元住民にどう納得してもらうのか。それとも県外に移転するのか。移転するとしたら、それはどこなのか。


チキンホーク保守派(笑)の主張は、なんと


アメリカとの軍事同盟と日本の軍事フリーライダー(ただ乗り)は堅持しつつ、沖縄人は米軍基地の負担には、黙って耐え忍べ。


というものだ。こんな情けない主張を、正々堂々と強面に主張しているのである。誰かに守ってもらいながら、そのツケは誰かに押し付けるのが正しい、という。それで愛国者のつもりなんだから、ギャグを通り越して存在自体が悲劇と言える。


私は、どんなに負担が増えようが、国家のプライドと今後の日本の将来のため、アメリカ依存はやめて、自主防衛に切り替えよう、自分たちの国は自分たちで守ろう。

という立場の保守派の主張は理解できる。愛国者だと言いたければ、ああ、あなたは愛国者です、と答えよう。自信を持って。


だが、このチキンホーク保守派(笑)はいったい何なんだ。アメリカにベッタリ頼りながら、自分には関係ない沖縄では何がおこっても知らねえよ、のどこが愛国者なんだ。沖縄は日本の国土であるのに。理解できない。


次。

B周辺国(中国韓国北朝鮮)への対応をどうするか。外交的手段で平和と安定を維持することは可能なのか。


フランス革命の時に、タレーランという政治家がいた。個人的なパーソナリティは本当にどうしようもない奴で、調べてみても嫌悪感しか湧かない人物だ。しかし、歴史的にみて、彼の貢献はただならぬ物がある。

ナポレオンは最終的に敗北した。フランスは、ほぼ欧州全土の国から敗北。その後の戦勝国との交渉にあたったのが、このタレーランである。

敗戦国は悲惨だ。領土分割の要求もあるだろう。金も要求されるかしら。しかし、タレーランは、交渉相手の戦勝国にこう言った。

「僕たちは友達じゃないか。いろいろ不幸なことはあったけど、今後は、友達だろう。友達だよね。そうだよね。」

タレーランは、まずは、今後、将来に渡ってのフランスと他国の友好関係を確認した。その後に一転

「君たちは、友達から何かを取り上げるつもりなのか!さっき友達って言っただろう!」

と、領土要求も賠償要求も突っぱねたのである。このギャグのような 友 達 大 作 戦 で、フランスは敗戦国なのに、何も失わずに済んだという(笑)。外交的勝利の真骨頂だろう。


この話を知ってから、フランスについて興味をもっていろいろ調べたのだが、フランスの優秀な政治家はこんなんばっかりだ。手玉ころころ。手玉ころころ。いつの間にやら、相手に主導権を握られて、思い通りにされてしまう。圧倒的な頭脳と圧倒的な教養、そして圧倒的な個のパワーで主導権を奪う。これは勝てないわ、と調べながら思った。国と国との関係は、結局は個と個の関係なのだ。強い個を持つ人間を産み出す国は、強いのだ。


さて、何が言いたいのか、と言えば、外交的手段の使い方である。相手を力で打ち負かして屈服させるだけが、勝利ではない。逆に、力で勝てない相手には、ひたすら卑屈に振る舞わなければならない、ということもないのだ。


さて、チキンホーク保守派(笑)の主張にもどろう。彼らの主張はシンプルだ。ひたすら中国韓国北朝鮮に対して強硬に振る舞え、というのだ。が、その根底にある反韓国観、反中国観は、目も当てられない楽観論と、怠惰な思い込みで満ち満ちているのだ。

現実には、経済的にもライバルになり、科学技術の面でも侮れず、日本との差は縮まるばかりか追い越されるのも時間の問題である(特に中国)。しかも、彼らは分野によっては、ルール無視でやってくるから大変だ。さてどうする。


てごわい競争相手に成長した中国韓国に、どう対抗するのかは真面目に考えなければならないし、彼らの言う反日プロパガンダにいかに理性的に品位を損なわずに反論するかも問題だし、覇権志向の中国との関係を、安全保障の観点からどうするか、は、いずれも難しい課題である。それを外交的手段で達成するとなると、よほど頭を使わなければならないのだ!あの、友 達 大 作 戦 のタレーラン先生に大いに学ばねばならない!

私は、この問題については答えを出せるほど賢くない。しかし、チキンホーク保守派(笑)がいかに愚かな主張をしているか、は分かる。どんな主張をしているかだって?言っていいかね。


「何もしなくても、中国も韓国も勝手に滅びます」


ぷ(笑)。さすがはチキンだけのことはある。戦う前から、相手が自滅することを期待しているのである。頭の悪いどこかの総理大臣の真似をしてたとえ話で言おう。運動会の徒競走で例えれば、足が速い奴が転んでくれるから自分は一番になれる、と思い込んでいるのと一緒だ。

なんと、チキンホーク保守派(笑)は、この山積みの難題に対して、中国も韓国も自滅するから、何も方策を取らなくても大丈夫だよ、と主張しているのだ。馬鹿馬鹿しくて腰が抜ける。


これに合わせて、前の記事で書いたC自分は戦争に行きたくないし徴兵制も嫌だ。でも日本は、戦争はできる国にしてほしい。

を合わせてみよ。主張の是非云々より、根本的なメンタリティが下劣で卑怯で、臆病だ。胸くそ悪い。


まとめよう。チキンホーク保守派(笑)の主張

「日本国土はアメリカに守ってもらう。沖縄はアメリカ軍基地の負担に文句を言うな。中国と韓国は、自滅するから日本は何もしなくても大丈夫だ。ひたすら強い態度に出ればいいだけだ。自分は戦争には行かない。徴兵制も嫌だ。でも、日本のためには戦争が出来る国にしないとダメだ。自分以外の奴が戦争に行って死ぬのは問題ない」


こういう奴らが熱烈に支持するのが、安倍首相なのだと思ったら、前の記事ではさんざんに書いた安倍首相が気の毒になってきたくらいだ。


さて、個人的な意見。

もう言い尽くしたと思うんだが、最後に一言。

最後まで読んでくれた方々。こういう馬鹿げたチキンホーク保守派(笑)の主張や思考に、安易に取り込まれる前に、よくよく考えてほしいのだ。日本の将来、および個人のレベルでは自分の将来を、だ。それも真面目に。


posted by ペンギン太郎 at 20:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安倍首相は、チキンホークだった。アメリカの外交判断を狂わせたのは志願兵制だった。憲法改正するならば、徴兵制も復活するべきである。



ニュースをみてると安倍首相が安保をどうするとか、憲法を改正するとか。


以前に、「アメリカ軍の悲劇について」、という記事の中で、私は徴兵制反対はチキンホークの証明だ、と書いた。チキンホークとは、戦争に行かなくて良い安全な立場にいながら、戦争しろー戦争しろー、戦争だぁーと強硬な主張をする、とても頭の悪い保守派のことである。直訳すれば


臆病なタカ派(笑)


のこと。


安倍首相によれば

「徴兵制は絶対に無い」

のだそうだ。大丈夫か。この人。


兵員が足りない場合には、徴兵制は施行せざるを得ない政策だ。今後、日本の領土防衛のために、兵員が足りなくなる事態は絶対に無い、と、この人は、言いたいのか。

平和ボケとはこういう発想のことだろう。外国軍隊が本格的に攻めて来る(あるいは攻めて来る可能性がある)事態になれば、兵員確保は、是が非でもやらなければならない課題だ。徴兵制による兵員確保は、必要ならば防衛上の措置としてどこの国でも普通にやる政策である。

(無いとは思うけど、傭兵による兵員確保があり得ると考えている方へ。歴史上、傭兵は国家防衛の役にたたないことが証明されている。それどころか有害である。詳しくはイタリアの歴史の書籍を参考にしてください。)


欧州各国で、徴兵制が停止されたのは、冷戦が終わってソ連軍が攻めて来る可能性が無くなったからだ。1990年の時点では、欧州27カ国のうち、なんと23カ国が徴兵制である。その後、20年で、16カ国で徴兵制が停止された。(CSS Analysis in Security Policy No. 75 •June 2010

ソ連が崩壊してなければ、おそらくまだ欧州の殆どの国が徴兵制のままだ。現実の脅威が無くなったから、徴兵制をしなくても良くなっただけだ。

隣国にも韓国があるではないか。韓国が今でも徴兵制なのは、北朝鮮軍に対する領土防衛上、それが必要だからだ。

つまり、安倍首相は、実質的には、


外国軍隊が日本に攻めて来る事は絶対に無い!


と言い切っているのだ。馬鹿じゃないの。ほんと。ここまで知性が疑われる首相は生まれて初めて見たよ。外国が攻めて来る可能性は無いと言っているんだったら、なんのために憲法を変えて戦争ができるようにしたいのか、意味が分からないんだけど。池上彰先生、解説をお願いします!意味が分かりません!


勿論、志願兵制でも国防ができる国もあるんだろうけど、そうした国でもいざという時は、徴兵制に移行できるようにしている。アメリカがそう。現時点では必要がないから、やってないだけ。アメリカでも、必要があれば、徴兵制復活は選択肢としてあり得る。


憲法改正を進めたいけど、徴兵制は大反対


の、頭の悪いチキンホーク保守(笑)の方々に言いたい。志願兵制のもとで、アメリカの対外政策判断が狂って来ていることは把握しているだろうか。


加筆した前回記事のまとめ。

超格差社会のアメリカ。現在は志願兵制。

兵役に志願するのは、恵まれない低所得者層だ。

具体的な例。スラム街に生まれた黒人少年が、貧困から抜け出す方法は三つしか無い。@ギャングになるAスポーツでスター選手になるB軍隊に入る。現実的かつ健全な方法として、軍隊に入る以外に選択肢が無いのと一緒である。

さて、戦争に行って死ぬのは、こういった低所得者層の若者である。志願した。イラクに行き、死んだ。しかし、ごくごく一部の限られた階層の負担や痛みは、政治的に問題になりにくい

。大多数の国民は、戦争の負担や痛みの実感が、全く無い。だから、中東での戦争の失敗、迷走にも関わらず、政治家はその事で支持を落としたりはしない。


その結果として、本当にアメリカの中東での戦争は、これで良かったのか、見直ししなくていいのか、という反省もなく、ひたすら迷走している。戦争に行かなくていい大多数の国民はチキンホーク化し、戦争しろ、イスラム国をやっつけろ、と主張する。一方で、貧困に苦しむ若者が、迷走する政府の指導のもとで、有効な作戦や見通しのない戦争に行って死んでいる。


ベトナム戦争の時には、徴兵制があった(参考としては「フルメタルジャケット」という素晴らしい映画がある)。比較的、幅広い階層出身者が戦争に行った結果として、戦争の負担、痛みが国民の間で共有された。遺族は、政治に説明責任を求めた。「この戦争は意味があるの?なんのためにやっているの?」と。ベトナム戦争の迷走は大きな政治的問題となった。戦術面、戦略面で見直され、最終的にはベトナム戦争は終わった。

今の中東情勢はどうだろう。アメリカ軍の失敗は見直されず、有効な戦術も戦略も打ち出せず、戦争が終わる見通しもない。


さて、何が問題の原因なのか。国民のチキンホーク化と志願兵制である。


個人的な意見では、これは憲法改正後、あるいは安保改正後の日本の未来でもある。集団的自衛権の行使とやらで、わが国の自衛隊が行く先の国はどう考えても中東である。10年20年、意味があるのか無いのか分からない戦争を中東で続けて、日本の若者が死ぬ。

チキンホーク保守派の皆さんは、そうなったらどう言うのかね。努力しない低所得者はクズだが、戦争に行って死ねば英霊だ、とか言うんだろうかね。


ハーバード大学教授のマイケル・サンデル先生のご著書「これから『正義』の話をしよう」(早川書房)から引用。


朝鮮戦争における活躍で受勲したハーレム出身者の民主党下院議員、チャールズ・ランゲルは、こうした状況を不公正だと考え、徴兵制の復活を求めている。「アメリカ人が戦争に送り込まれている以上、全員が危険を分かち合うべきだ。経済的な事情から、高額の入隊一時金や教育を受ける機会を目当てに入隊する人だけが、危険にさらされるのはおかしい」と彼は書いている。ニューヨーク市では、「兵役という重荷の格差はきわめて大きい。2004年、ニューヨーク市の志願兵の70パーセントが黒人かヒスパニックで、低所得者層が多い地域の出身だった」とも指摘している。

ランゲルはイラク戦争に反対だった。政治家の子供が、イラクで戦うという重荷を分かち合わざるをえなければ、そもそもイラク戦争は始まらなかったと信じている。


私はこの意見に賛成する。憲法改正するならば、徴兵制も復活させるべきだ。

過去のアメリカの徴兵制について書いた論文(Timothy J. Perri : The Independent Review Winter 2013 p429-439)によると、機会費用という観点から、第二次世界大戦を除けば、必ずしも徴兵は平等には行われず、兵役負担が低所得者、単純労働者に偏る傾向はあったようではある。だが、戦争の負担や痛みが社会で共有されないレベルまで、特定の階層に兵役負担が集中する事は無かったのだ。志願兵制の弊害が、現在のアメリカの迷走の原因なのだ。


徴兵制を導入すれば、国民のレベルで戦争の負担や痛みが共有され、それが政治に反映される。結果として、反省、見直しの機会が得られ、賢明な判断が得られる可能性があるということだ。

戦争できる国にしたいなら、徴兵制も復活させるべきだ。


最後に。あくまで私は憲法改正には反対である。特に現内閣のもとでは、断固反対である。国民の未来を決める重要な決定を、致命的なレベルの馬鹿にやらせる程、わが国には余裕が無いはずだ。

あと、いざ徴兵制になれば、お前は兵役に行くのか、と言われれば行きますよ。そりゃ。

posted by ペンギン太郎 at 00:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。