2016年07月10日

アメリカの議会が学級崩壊してカオス状態でしゅ。大統領選挙もカオス状態。これから政治はカオスが当たり前の時代A



続き。

個人的意見その2。


この著者のエッセイの前半部分についての自分の意見は@で書いた。

後半部分は自分は全く同意できない。意見や視点、レトリックがどーも、高所からのご高説って感じである。ストレートに言うと、そんなに大してありがたくもない、上から目線のご意見をご苦労さん、みたいな。


この記事の著者は、政治における意志決定プロセスから視点を一歩もずらしてはいない。それはそれで結構だが、有権者にとって、本当の問題なのはプロセスではなく結果じゃないのだろうか。


アメリカの現状。15年以上にわたる中東でのろくな成果を上げていない戦争、その結果の財政悪化、教育、医療といった社会インフラの不十分さ、大企業優遇の格差拡大進行、放置され続ける移民問題などなど。

どれもこれも改善点は少なく、むしろ年々と悪化深刻化する一方。政治家は選挙の時だけはこういった問題に取り組むぞ!と宣言するが、当選後に行動をしている気配も見当たらない(「選挙の時だけ移民制限する、貧困対策をするとか言うんじゃねえよ」みたいな)。


国民が従来政党政治の結果に満足しており、正当性を感じていれば、トランプ先生やサンダース先生のような方々の登場も無かったんじゃないのかしら。と

私は思うけど、著者の意見は違うんだな。著者によると、国民が政党政治の複雑さを理解していないのが、いけないんだそうだ。

Hibbing , Theiss-Morseという学者の書いたStealth Democracy : Americans’ Briefs About How Government should Work. という本を参照。要点は25-40%のアメリカ人が政治において譲歩が必要なこと、意義のある対立が存在することも認めない。政治的な解決法はすでにある、後は実行するだけだ。共感できる私利私欲のない意志決定者によってその解決法は実行されるはずだが、腐敗や私利私欲にまみれた連中がその邪魔をしているんだ。こういった認識なんだそうだ。トランプ先生もサンダース先生も、こういった国民意識に訴えることで成功を収めた、という。はーん、そうでございますか。ほおー。へぇー。


後は、アメリカ国民の現状政治へのアンチテーゼとしてのトランプ先生現象も認めてない。以下引用。


In March, a Trump supporter told The New York Times, “I want to see Trump go up there and do damage to the Republican Party.” Another said, “We know who Donald Trump is, and we’re going to use Donald Trump to either take over the G.O.P. or blow it up.” That kind of anti-establishment nihilism deserves no respect or accommodation in American public life.

三月にThe New York Timesにトランプ支持者が語った。「トランプが勝ち抜いて共和党にダメージを与えるのを見たいと思う」 他の支持者は言う。「ドナルド・トランプがどんな人か知っているよ。我々は、ドナルド・トランプを使って共和党を乗っ取って、ブッ壊してやるつもりなんだ」

この種の反体制的なニヒリズムはアメリカの公的な生活の中では、尊敬に値もしないし、置いておく場所もない。


私だったら、このニヒリズムを生んだ要因は何なのか、過去の政治の結果だったり、今の社会状況だったりするのかしら、と考える。(後は、単純に「共和党は恨まれてんなー」とか思うけど。)

著者の意見は違う。「こういう奴らの意見を実際の政治に反映させることが無いようにしろ!!」ということだ。政治的な意志決定プロセスを理解しない、愚かな民の政治的影響を何らかの方法で吸収、解体しないと、通常の政治が取り戻せない!その結果がカオス状態なんだ!


これはこれで一つの意見だと思うけど、やっぱりこれは高所からの意見だと思うぜ。現状への不満の表明だって立派な政治的意志のひとつだ、と自分なら考えるけど。それがニヒリズムの形をとったとはいえ。


そもそも、従来の政治の結果をパスして、カッコに入れて議論を組み立てるのはどうなのよ。今さらだけど。


米国は、政界だけじゃなく、言論空間の分断も深刻なのかしら、というのがまとめの感想。

posted by ペンギン太郎 at 07:26| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: