2016年07月10日

アメリカの議会が学級崩壊してカオス状態でしゅ。大統領選挙もカオス状態。これから政治はカオスが当たり前の時代@


という話。

The Atlantic How American Politics Went Insane(こうしてアメリカの政治はおかしくなった)という記事があった。A4で印刷したら28ページもあったぜ。


要点。

アメリカの政界がカオスでしゅ・・・でいいのかしら。

議会では学級崩壊状態。政党内では過激分子や非妥協分子が勝手放題の狼藉三昧。政党間の協力なんて夢のまた夢。建設的な話し合いも無く、決まる物も決まらない。決めるのが難しい案件は絶望的に決まらない。まさにカオスでしゅ。

大統領選挙は見ての通りの前例のないカオス状態でしゅ。

だそうである。


The very term party leaders has become an anachronism. Although Capitol Hill and the campaign trail are miles apart, the breakdown in order in both places reflects the underlying reality that there no longer is any such thing as a party leader. There are only individual actors, pursuing their own political interests and ideological missions willy-nilly, like excited gas molecules in an overheated balloon.

政党指導者という用語自体が時代遅れの物になった。連邦議会議事堂と大統領選挙の現場は距離が遠くはなれているが、どちらの場でも秩序が崩壊している。これは、もう政党指導者なんて者はいない、という本質的な現実を反映している。居るのはただ、自分たちの政治的利得とイデオロギー上の使命を行き当たりばったりに追求する個々の役者だけだ。彼らはまるで過熱した風船の中にいる興奮したガス分子のようだ。

だと。


著者は、昔のアメリカの利権政治、金権政治、密室政治、政党内の年功序列によって、複雑に絡み合う利害が調整され、話し合いと妥協を通して穏健で偏らない政治決定が成された、そして過激分子や非妥協分子が巧妙に排除されてきた、と主張する。これらの前時代的政治システムが腐敗、非民主的と批判され、改革にさらされた。その結果、利害調整はできなくなり、話し合いは進められず、過激分子、非妥協分子が排除できなくなり、物事が絶望的に決まらない、という政界の機能不全に陥った、のだそうだ。そして大統領選では三人のポピュリストが勝ち上がるという前例のない事態になった、という。

・・・わが国の現与党にとっては、大層に魅力的なストーリーかもしれないな。


で、過去の政治改革の内容。

(1)  候補者指名:政党の予備選挙では、候補者を決める場合に政党指導者や上層部の意向、推薦を得た人物がなるとは限らなくなった。それどころか、共和党内では、予備選挙で日の浅い過激分子グループの候補に刺されて重鎮議員が落選する事態になった(2014 Eric Cantor)

(2)  政治と金:候補者、政党な大口献金が禁止された。その結果、説明責任を持たない私秘的な政治資金をプールしている団体が国中にできた。政党がこういた団体の資金力に対抗できなくなりつつある。この記事には直接は乗っていないが、Koch 兄弟という大金持ちが運営しているAmerican For Propensityという団体の意見広告による特定議員の攻撃(2014)などの事を言っていると思われる。

(3)  委員会制度縮小と年功序列廃止:年功序列で運営されていた委員会制が縮小された。その結果、グループやチームで働いていた議員がバラバラの個人に分解された。議員が強調して動くことができなくなり、年功序列も消滅。政党上層部を表立って非難中傷することをなんとも思わない議員まで現れた。テッド・クルズ君はその代表選手。

(4)  密室政治の廃止:透明性を増すために公開義務が生じた結果、政治家同士の微妙な交渉や本音での意見交換、駆け引きが全くできなくなった。

no sane person would have negotiated in full public view.

まともな人間ならば、衆人環視のもとで交渉はしないだろう。

(5)  政治利権の縮小:やりとりされる政治利権が貨幣の役割を果たしていた。その貨幣のやり取りで成り立っていた意見の調整や妥協ができなくなってしまった。要は「お前の選挙区に空港を建ててやるから、この法案に賛成しろ」みたいな取引が出来なくなった。


(1)から(5)までの改革がなされる前に政治的安定をもたらしていた中庸と穏健、過激分子の排除による機構が、改革の結果、機能不全に陥った。共和党は党内にTea Partyという強力かつ制御不能な過激非妥協分子を抱え込み、国民は政治の場での意見対立、妥協、譲歩の必要性を理解せず、政党に依存しなくても知名度や資金を獲得できるインターネットという技術革新も要因となって、議会でも選挙現場でも、政界の秩序は崩壊した。物事は決まらず議会は学級崩壊。トランプ先生、サンダース先生、テッド・クルズ君というポピュリストが大統領選で一番手二番手になるカオスな事態になったという。


The system atomizes. Chaos becomes the new normal−both in campaigns and in the government itself.

システムはアトム化された。カオスが新しい標準になる。選挙戦現場でも、政府そのものの中でも。


まあ、こんな感じである。


個人的な意見。

後、この分析が正しいか正しくないのか、自分には判断できない。

読んでいて思ったが、昔のアメリカの政治は、わが国の自民党の旧来の政治と殆ど、というより全く同じだ。これはどこの自民党の話だろうか、と思いながら読んでいた。

実際、日本国の首相は与党内の意向で決まり、国民参加の余地はない。選挙候補者は、党内の偉い人たちが決めている。政治献金の厳しい規制はない。与党内は年功序列で、与党議員は下っ端からボスまでいるグループ所属は必須。大事な案件は料亭とかの密室で決まる。利権のやり取りを通して、物事が進行していく。(異論はあるかしら。)

しかし、確かにわが国には政治家の中で、過激分子が世間にアピールして名を売る事も広い支持を集める事も無い。物事が決まらないまま議会の進行が停止して学級崩壊になることも無い。ポピュリストの煽動で、重大な案件が決まってしまうこともない。トランプ先生、サンダース先生のような人物が登場する可能性も限りなく、限りなーく、ゼロに近いだろう。先進国の中では、異例な程に政治が安定しているのも事実ではある。


で、これまで、わが国で提案された政治改革案もこれまた(1)-(5)までと似たり寄ったりだぜ。となると、類推としては、これらの改革の行く末は、今現在、アメリカで可視化されている、議会も選挙も混乱した、あのカオス状態であるわけだ。

改革する前から、残念なことだが、残念な結論が既にでているわけだ。

これは本当なのかなあ、と。


現与党関係者は必読のエッセイかもしれないな。自民党政治を直接ではないとは言え、ここまで礼賛した文章を英語で読む機会なんてなかなか無いことだぜ。


posted by ペンギン太郎 at 07:24| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。