2015年07月27日

ジェネリック医薬品の使用で減らせる医療費は約1兆円。TPP交渉の結果、ジェネリック医薬品が使えなくなる恐れがある。そうなれば、浮く筈の約1兆円は、どこの誰が払ってくれるの?



という話。


今年の7月16日号のNew England Journal of Medicine (これまでの記事で普通に使ってたけど、医学界で最も権威のある雑誌である)にあった


The Trans-Pacific Partnership - Is it Bad for Your Health?


という記事があった。ものすごく短く要約すると、TPP 交渉の結果、ジェネリック医薬品がもう使えなくなるかもしれない。ヤバいぜ! ということ。


そもそも、ジェネリック医薬品とは何か、と言えば、特許が切れた先発医薬品を、その薬を開発していない他の会社がつくった後発医薬品のことである。値段が安いのが最大のポイント。

読売新聞大阪本社が出した「これでわかる!医療のしくみ」(2011年)という本によれば、特許の切れた医薬品をすべて後発医薬品にすれば、年間約1兆円の医療費を減らせるらしい。


省庁の文書でも、ジェネリック医薬品の使用拡大が医療費抑制のために必要、と明記されている。平成24年7月にでた厚生労働省の「ジェネリック医薬品への疑問に答えます。〜ジェネリック医薬品Q & A〜」 というパンフレットにはこう書いてある。


医療技術の進歩や高齢化等により、今後も医療費の上昇が見込まれる中、国民皆保険を堅持していくためには、必要な医療を確保した上で、効率化できる部分は効率化を図ることが重要です。


で、そのためにはジェネリック医薬品の使用拡大が必要であるというわけである。


平成27年4月に出た財務省の「社会保障」という文書には、平成29年度内にジェネリック医薬品の使用を80%にすると数値目標まで書いてある。そのためのインセンティブとして、既にあるのは診療報酬の優遇措置、将来的には、先発品を選んだ患者にはジェネリック医薬品の差額を全額負担させる、という改革案まで書いてあった。

要するに、厚生労働省も財務省も、医療費抑制のためジェネリック医薬品をどんどん使え、と言っている。ちなみに、アメリカではジェネリック医薬品の使用割合は約90%(2010年)に対して、日本はまだ46.9%(2013)である。


ところが、TPP (Trans-Pacific Partnership) の交渉次第では、ジェネリック医薬品が締め出されて使えなくなるとか。The New York Times にあった今年1月の記事


Dont  Trade Away Our Health .


という記事。著者はノーベル経済学賞をとったスティグリッツ教授。TPPは秘密交渉なので、内容を正確に知ることは不可能だが、リークされた情報から、おそらく


@ジェネリック医薬品の販売自体を制限する

A政府の薬価規制をやめさせる


方法で、今後、TPP参加国では、ジェネリック医薬品の使用に大幅な制限がかかる可能性が高い、としている。


Big Pharmas profits would rise , at the expense of the health of patients and the budgets of consumers and governments.

(巨大製薬会社の利益は上がるだろう。患者の健康と消費者および政府の予算を犠牲にしてだ。)


だそうな。


で、大手製薬会社が、安価なジェネリック医薬品との競争で消耗すれば、新規の医薬品開発やイノベーションが、出来なくなるという反論には、@製薬会社は開発費より広告費とかマーケティング費用の方が多いA政府や基金がスポンサーの大学や研究所で、重要な開発イノベーションで成された(製薬会社ではない)と答えている。

ノーベル賞取れば、なんでもありだな。こうズバッと言う人はなかなかいないような。


TPP交渉は秘密なので、公開されるまで分からないのだが(実に反民主主義的なやり方だ。一部の人間が、社会経済上に非常にインパクトの大きいルールを国民に内緒で勝手に決めているのだ)、もしもこれが本当ならば、これまでの医療費抑制の切り札的な政策の一つが崩れ去る。


自分としては疑問なのだ。TPPの締結で、ジェネリック医薬品の大幅な使用制限、市場からの締め出しが現実のものとなったとしよう。

そしたら、ジェネリック医薬品の使用拡大で浮くはずの莫大な医療費、つまり、最大約1兆円というカネは、一体どこの誰が負担するのだろう?

医療費抑制という、錦の御旗はどうなってしまうのだろうか?

これまでのジェネリック医薬品拡大を推進してきた政府は、国民にどう説明するのか?


個人的な意見。

これまで、ジェネリック医薬品の安全性とか使用の是非についてはあえて書かないで議論をすすめてきた。というか、本当ならば、ジェネリック医薬品の導入前に、安全性についてもっと時間をかけて検討してほしかったよ。こんなことになる前にだよ!


今後、ジェネリック医薬品の安全性についての記事や言及があったとしても、上に書いたような経緯がある以上、信用に値しないと自分なら考える。


「ジェネリック医薬品は危険だ!」


という人間がいたとして、そいつが@TPP締結にからんだ大手製薬会社のadvocate なのか、ATPP締結に関わった政府の御用学者なのか、それともB善意の科学者なのかを見分けるのは、もはや不可能なのだ。


これまでのジェネリック医薬品の使用拡大政策を無かった事にしつつ、TPP締結をスムースにやるには、ジェネリック医薬品が安全じゃない、ってことにするのが一番だよな。安直に考えれば。

posted by ペンギン太郎 at 19:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: