2015年06月24日

仕事がない世界。アメリカでは25歳から54歳までの男の6人に1人は働いていない。今後20年で半数の仕事がなくなる。post -workist ってなんですか。

という話。

The Atlantic の

A World Without Work.

という記事を読んだ。The Atlantic の記事を読む前に、New York Times の記事で、不景気だろうが、好景気だろうが、アメリカでは働かない男がどんどんと増えていて、今やその数6人に1人、なのは知っていたし、今後20年で機械化の影響で、現在の仕事のかなりの部分が消滅してしまうことも耳にしたことがあった。

ちなみに、この、「次の20年で、アメリカの仕事の半数は機械ができるようになる」というのはオックスフォード大学の予想だとのこと。

で、この記事の要点だが、仕事がないことが普通になる世界で、いかにすれば、人々はよりよく暮らせるのか、ということがまじめに考察されている。そういうことをまじめに考える人たちをpost-workist というらしい。

読んだ感想だが、アメリカ人というのは実にタフだ。この記事の自分なりのエッセンスは、勝負に勝てなければルールを変えちゃえ、それでも駄目なら、別のゲームをやればいいじゃない、という事。post-workist は、仕事がないなら、仕事なしでも個人が尊厳と目的を持って生きることができる社会をつくればいいじゃない、という。

所得が減って、物が買えなくなった。だったら所有しないで、共有すればいいじゃないか、という発想(と、アメリカ人の実際の行動)をみたときにも驚いたが、将来的に大多数の人間が仕事にありつけない現実を既定路線と考えて、さて、どうする、という考察が成り立つこと自体にも驚きである。

いろいろと考えさせられたが、自分に当てはめてみても、仕事だけが人生じゃないという価値観は容易にはひっくり返らないのだな。根本的な部分では。たとえば、仕事をやめて、ゲームに命をかける、という人がいたら、

あほかいな。

と普通に思う。自分の誤読でなければ、post-workist の言う、仕事が無いのが普通、な世界では、そういう人が、負い目もなく普通にゲームをやりまくってるわけだ。考えてもみよ。30代の男が、仕事をしないでゲームに没頭しているのが、街でよくある光景、な世界を。
機械化で人々は仕事から解放されて、自由な時間を好きなことに費やせる、っていう未来予想は私の子供時代からあるけど、それをリアリティをもって考察すると、絵をしてはどうしてもおバカになってしまうのだ。
そして、その世界での仕事というのも、どこかゲームのような感覚のような印象なのだ。そして、なんだか共産主義の夢の世界を見ているようだ。

自分の感想ばかり書いていて、具体的にこういうことが書いてあった、とは書けない理由なのだが、実は、読んでも読んでも、書いてあることが夢の中のようで、よくわからないのだ。想像がつかない事物を扱った外国語の文章が、どれだけ難しいか思い知った。

さて、個人的な意見。

労働が美徳、ないし必須条件であるという価値観をひっくり返すのは並大抵のことでは無理だ。なぜか。近代社会というのは、集約的な労働とそれが産みだす圧倒的な富の力を通して、身分制度やら封建的な縛りやらを脱して、人々は自由と社会への参加の権利を手に入れた、と私なら考える。

となれば、労働の義務から解放されたとき、それにくっついていた自由も社会への参加の権利もなくなるのでは、と想像する。

つまり、機械化した生産手段を保持している連中が、それを人質にとって貴族化し、それを持たざる者はスティグマを負って下位の階級に貶められるのではないか。そこに政治的な圧力も加われば、それはそれは悲惨な世界が待っていることだろう。

私の言っていることは、半分は皮肉だ。派遣労働者を見るがよい。彼らは、特定の会社に縛られない自由を手に入れているじゃないか。さらに言えば、正規労働者の仕事を免除された、特定の仕事をしないくてもよいことが許された、ある意味では解放身分だ。が、その実態はどうかと言えば、私の口からは出るまでもなかろうがよう。

かつての女性の立場を想像するがよい。確かに、仕事からは解放されていた。しかし、その社会的地位はどうだったでしょうかね。仕事をしているが故に、男性は女性に対して優位だったのではないかしら。

労働からの解放は、ユートピアの出現ではない。陰鬱な階級社会の出現だ。結局、このThe Atlantic の記事はアメリカ人が階級社会を経験してないからが故の、夢の世界なんじゃないかと思う。まったくの個人的な意見だけど。

どうすればいいのか、と提案だが、やっぱり、自由と自分の尊厳のため、おのおのがた、仕事にしがみつけ、としか言えんような。










posted by ペンギン太郎 at 19:22| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。