2015年06月17日

韓国のMERSのアウトブレイクについて。WHOを信じれば、今後は、それなりに楽観的です。



という話。

韓国でMERS (Middle East respiratory syndrome coronavirus )のアウトブレイクがあった。えらい騒ぎだ。それで


Middle East Respiratory Syndrome (MERS) in the Republic of Korea

http://www.who.int/csr/disease/coronavirus_infections/situation-assessment/update-15-06-2015/en/#


というWHOのレポートを読んだ。ものすごく省略して要点を言えば、そんなにやばい状況ではなさそうだと。


(1)今年の5月20日に中東にいった一人の男性が、MERSに感染していたことが判明。隔離。

(2)この男性が受診した医療機関で感染拡大。感染拡大は、医療機関内だけで限られており、現時点で、全ての感染例は、この男性にまでさかのぼれる。一般人口の中にMERSが入り込んでいることは確認できていない。

(3)アウトブレイクしたMERS-CoVウイルスを調べてみたが、中東でのアウトブレイクのものと同じだった(もっと凶悪な病原体に変異したとか、そんなんは無さそう)。


ということ。理屈上、

@現在の比較的少数の感染者からの他への感染を防ぐ。

A医療機関内だけで感染拡大している→医療機関内での感染防御の徹底。


の2つをやっていれば、そのうち終息することになるんだろう。ただし


All outbreaks are unpredictable. This is especially true for a comparatively new disease like MERS, where so much about its epidemiology, modes of transmission, natural history, and clinical features remains poorly understood.

(すべてのアウトブレイクは予想がつかない。MERSのような比較的新しい感染症では、とくにそうだ。MERSはその疫学も、感染方法も、自然歴も、臨床的な特徴も、わずかしか分かっていないままだ。)


と結んでいる。こういう怖いフラグ立てないでくださいよ。


2013年のNew England Journal of Medicine の記事

Hospital Outbreak of Middle East Respiratory Syndrome Coronavirus.

によると、やはりこのときのMERSのアウトブレイク も病院内で感染拡大したとある。とくに、透析室で感染が拡大した。透析ということは、感染経路が、血液を介した伝播なのだろうか。

(それとも、単に免疫能が低下した透析患者に感染しやすかっただけなのか)。


2013年4月1日から5月23日の間にサウジアラビアで確認された23例のうち、6月12日の時点で、死亡したのが15例(65%)、回復したのが6例(26%)、まだ入院中が2例(9%) と。

死亡率65% はすごいな。


この記事を、自分が覚えておきやすいようにまとめると「熱が出ていて呼吸器症状と腹部症状のある、中東に渡航歴のある人」はMERSの疑いがあるということか。しかし、上気道からのサンプルでは偽陰性になりやすく、病状がすすまないと検査が陽性にならないとか。なんともやっかいな。


で、WHOの

Middle East respiratory syndrome coronavirus (MERS-CoV)

http://www.who.int/mediacentre/factsheets/mers-cov/en/


によれば、死亡率は36% とややおとなしい数字になっている。36% でもすさまじいが。


重複になるけど、MERSは

There have been clusters of cases in healthcare facilities, where human-to-human transmission appears to be more probable, especially when infection prevention and control practices are inadequate. Thus far, no sustained community transmission has been documented.

(医療機関内で症例が集積している。とくに、感染防御や感染コントロールのやりかたがまずい場合には、医療機関内では、ヒト - ヒト感染がおこりやすい。これまで、市中での持続した感染伝播は報告されていない。)


とある。やっぱりMERSの人から人への感染経路は、血液経路じゃねーの。病院の中だけでし感染伝播がなくて、透析室で感染拡大したんであれば。根拠のあまりない素人の推理ですけど。


現時点でのauthorityのある機関と学会誌から判断してみて、韓国の一般社会でMERSが感染大爆発、というのも起こりそうにないし、ましてやその影響が隣国の我が国にまで波及するとは思えない。


ニュースをみてて思うのことだが、病的なのは、MERSそのものより、それをとりまく韓国人の社会政治認識の方か。こんな限りなく事故に近いような一件でも、アイツが悪い、コイツが悪いになってるのが、なんとも・・・。


診断が難しく、予想も難しく、症例も少ない、そもそも良くわかってない致死的病原体が、なぜか蔓延したってのは事故以外の何物でもないと思うんだが。

posted by ペンギン太郎 at 18:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: