2015年02月24日

幼児期にピーナッツを食べないと、ピーナッツアレルギーになるリスクが上がる。



という話。


New York Times


Feeding Infants Peanut Products Could Prevent Allergies, Study Suggests.


という記事にあった話だ。大手メディアのアンテナ力にはかなわない。これは本当にすごい話。


さかのぼること7年前の2008年に


Early consumption of peanuts in infancy is associated with a low prevalence of

peanut allergy. (J Allergy Clin Immunol. 2008 Nov;122(5):984-91.)


という論文が出た。

ピーナッツアレルギーの危険があるため、幼児期にピーナッツを食べてはいけない!と、英国、オーストラリア、北米のクリニカルガイドラインで推奨されてるけど、それは本当に正しいの?という疑問を述べている。


英国とイスラエルで、ユダヤ系の小児のピーナッツ消費量とピーナッツアレルギーの関係をみた。

イスラエルの8ヶ月から14か月の幼児はピーナッツ蛋白を7.1g を摂取している。

それに対して、英国ではピーナッツ消費量は0gだ。

イスラエルの児童のピーナッツアレルギーの割合は0.17% だ。

それに対して、 英国では、ピーナッツアレルギーの割合は1.85%だった。


つまり、10倍の差がある。つまり、

幼児期にピーナッツを食べないことが、アレルギーの原因なんではないの?

という仮説が成り立つ。これは、観察研究だから結論はでない。だから、介入研究で決着をつけてやろうじゃないか。というわけで、上の論文と同じ著者がやった介入研究、


Randomized Trial of Peanut Consumption in Infants at Risk for Peanut Allergy.


が、New England Journal of Medicine 2015223日号に載った。


研究の概要。


@重度の湿疹か卵アレルギーのどちらかあるいは両方のある4ヶ月から11か月の幼児のうち、明らかなピーナッツアレルギーの無い幼児を選んだ。

Aプリックテスト(皮膚にアレルギー反応が出るかどうかを見る試験)で陰性だった542人と陽性だった98人に分けた。

Bピーナッツを食べさせた層と、食べさせない層に分けて5年間追跡した。


Bamba っていうイスラエルのお菓子があるんだけど、これを食べさせたんだそうだ。これが嫌いな子にはピーナツバターを食べさせたという。Bamba で画像検索してみたが、個人的な感想を言えば、おいしくなさそうだな。


追跡5年後ITT 解析の結果は以下。


[プリックテスト陰性群のピーナッツアレルギーの割合]

ピーナッツを食べさせなかった幼児:13.7%

ピーナッツを食べさせた幼児: 1.9%

(P < 0.001) 


[プリックテスト陽性群のピーナッツアレルギーの割合]

ピーナッツを食べさせなかった幼児:35.3%

ピーナッツを食べさせた幼児: 10.6%

(P = 0.004)


だという。これはすごいな。決定打だと言ってもいいのかもしれない。幼児期にピーナッツを食べないと、ピーナッツアレルギーになるリスクが上がるのだ。


No deaths occurred in the study. There were no significant differences in rates of hospitalization

or serious adverse events between the avoidance group and the consumption group.


というから安全面でも、既にピーナッツアレルギーがある場合を除けば、ピーナッツを幼児に与えるのは、問題なさそう。誤嚥とかの可能性を考えれば、幼児用のお菓子とかバターの形になるのかもしれないけど。


他、IgG4 IgE などの抗体反応等の測定結果とか考察があったが、興味ない人が多いと思うので、省略。


個人的な感想。

ガイドラインが書き変えられるほどのインパクトのある論文というのは、読んでいてわくわくするものだ。興味があるのは、これが、他のアレルギーの誘因となる食品、例えば、卵とか牛乳とかでも当てはまるのかどうか、ということ。幼児期に摂取を避けることで、実はアレルギーの原因になっていた、みたいな。


イントロで


In a single study in humans, researchers attempted to induce primary oral tolerance to egg in infants at high risk for allergy, but the study lacked the power to show efficacy.


とあったから、卵に関してはそういった研究もある模様。調べるのも一興なので、今度調べてみよう。


posted by ペンギン太郎 at 19:03| Comment(0) | 予防医学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。