2015年01月05日

Dog-food taster:ドッグフードの味見をする職業がある。それなりに高給取り。



という話。


ガーディアン誌に


The worst job in the world?


という記事があった。その中に、Dog-Food tester というのがあった。仕事内容はドッグフードの香りを嗅ぎ、味見をすることである。しかし、記事の中には、ドッグフードをお皿にあけてにこやかに微笑んでいらっしゃる紳士の写真があるんだが、「世界最悪の職業?」なんて題名の記事になってることをこの人は知っているのかどうか・・・。



InsideJobs というサイトでも検索してみたが、確かにPet food taster という職業はあるらしい。上のに追加すると、


Most days, they’re writing reports and thinking up new ideas on how to put a nutritional spin on a new line of food.



とある。要は、ペットフードの味見だけじゃなくて、栄養とか製品開発とかのアイデアを考える職業らしい。


給料は、ガーディアンの記事だと、スタートが年収2万ポンドで、5万ポンドはすぐもらえるようになるという。日本円だと、初任給が400万弱で、経験つめば900万円程度か。InsideJobs というサイトはアメリカのデータだが、年収34千ドル – 117千ドルとある。だいたい、日本円400万弱スタートの、経験つめば1200万程度だろう。それなりに高給。


素朴な疑問として、ドッグ―フードは美味しいのかと言えば、多分おいしくない。ガーディアン誌にはドッグフードの中には「ちょっとすごいものがある。食べません。においだけです。」とあるし、InsideJobs だと、「飲み込まないで吐き出している」とかある。


ガーディアンの記事の最初には


If you’re dreading the return to work after the holidays, remember it could be worse.


とかあるんだけど、記事のドッグフードテスターの紳士がかわいそうだ。「ペットが健康になるのを助けるのはやりがいがあることだ」と言ってるわけだし、なんといってもこの、ドッグフードを前にしての、にこやかな満点の笑顔。


自分は仕事に関して、こんな表情で答えるのは無理だ。


posted by ペンギン太郎 at 20:53| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。