2016年11月09日

トランプ先生おめでとうございます。


という話。トランプ先生。大統領選挙勝利おめでとうございます。


色んな意見があるとは思うけど、今回の選挙戦、トランプ先生のライバル候補が糞すぎた。で総括。

トランプ先生が勝ったことに驚く人は多そうだが、自分の中では、一番勝ちそうな人が勝った、以外の感想なし。多分、アメリカ国民にとってもそう。

それはなぜかはこれから述べる。


まず、共和党内の候補選びの段階で、トランプ先生と戦ったのは、

「こいつら、真面目に勝つ気があるのかよ」

というレベルの超・激バカオールスターズ。

@    未曾有の金融危機と中東の混乱だけ残していった失政大統領の弟。本人はまともだったかもしれないけど、兄貴が世間に迷惑をかけすぎた。

A    機智が足りず、まともに討論すらできない小僧親父。

B    そして、あの女々しい外道のテッドクルズ君。

どいつもこいつもパッとしない経歴の上に、パッとしない言動のうえ、一般的な良識に訴えても、

こいつはどうか・・・

と思うレベルの人間性とお粗末な知性。

消去法なら、トランプ先生以外には無いと思う。


あとはヒラリーおばさんだけど、この人、大企業の利益を優先するとか公言しているくせして、マイノリティも弱者も助けるとか平気で言っちゃうところが、まずダメだった。大企業からの高額の講演料を受け取り、オバマ政権になっても、相も変わらぬ弱者切り捨て大企業優遇政策に加担しながら、同じ口で変革を訴える二枚舌がもうダメ、アウト、である。

8年も政権にいたくせに、なに調子いいこと言ってんだ、やるならもっと前にやれよ、でお終いになっちゃうからね。このへんをトランプ先生陣営に突かれても、うまいこと反論が返せなかったんだろう。

アメリカ国民の苦境にも関わらず、巨額の利益を上げ、タックスヘイヴンを使って税収にも寄与しない。インチキ学生ローンに詐欺証券で狼藉三昧。そういう大企業の連中に

「ワシがこいつらを討伐してやるんじゃあ」

とトランプ先生が叫んで、支持を集めているというのに、ヒラリーおばさん、

「アタシ、大企業のお・味・方なのー♪」

とか公言してんの。これじゃ勝てるわけねーだろ。本当にアホじゃないの。真面目に勝てると思ってたら、ヒラリーおばさんは世間なめすぎでしょ。

民主党は政権内に入っていない、別候補をたてるべきだった。ウォール街の連中に一言物申す、くらいは言える、独立自尊の骨太の政治家を。


そして今回分かったのは、アメリカの分断の深刻さ。

メディアはどこの国でも、しょせんは少数勝ち組の走狗になる、という当たり前かつ平凡な事実が、今回の件でとてもよくわかった。

大手メディアはほぼ99%ヒラリー支持。

いかに、ヒラリーおばさんが、大企業勝ち組のために頑張ってきたということか、よくわかるな。

メディアと国民の間の分断、エスタブリッシュメント層と国民の間の分断は、相当に深刻かもしれない。この点は、日本も他人事とは言えない。


一番マシな候補を選べと言えば、平均的なアメリカ国民ならトランプ先生一択になると、自分は思う。トランプ先生に問題がないとは言うつもりはないが、他のライバル候補に問題があり過ぎた。繰り返しになるが、


今回の選挙戦、トランプ先生のライバル候補が糞すぎた。


で総括。


ところで、トランプ先生、大統領になったら、本当にウォール街征伐はやるんでしょうかね。消極的支持の理由の最大の根拠がこれなんだから、不実行なら一気に支持落としてレームダック化しそう。


・・・まあこのへんで今回は。

posted by ペンギン太郎 at 22:39| Comment(0) | 独り言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。